wordpressの投稿がブロックエディタで使いにくい。昔の投稿形式に戻したい。

旧エディターアイキャッチ

クラシックエディタ-に戻したい!

最新のwordpressでは、投稿形式が新しくなっています。

Gutenbergという呼び名で、ブロック形式でページを作っていきます。

これは、視覚的に「テキストを書くブロック」「絵を入れるブロック」というように、様々なブロックがあり

それらを組み合わせてページを作っていくものです。慣れるとそちらの方がいいと思うようになるのですが

慣れるまでが大変。

よくわからないので、旧式で投稿を続けたい、という方もおられるはず。

(そもそも旧エディタ用に色んな便利なプラグインがありますが、新のほうはこれから、ですね。)

と言うわけで、探してみました。旧エディタに戻すプラグイン。

WordPressの投稿画面のキャプチャ

インストール手順

zipファイルをアップロードする場合

こちらがプラグインのページここからzipファイルをダウンロード

Classic Editor

ダッシュボード>プラグイン>新規追加

WordPressのプラグインメニューのキャプチャ

「ファイルを選択」をクリックして、ダウンロードしたzipファイルをアップロード。「今すぐインストール」をクリック。> 有効化 クリック。

WordPressのプラグインの新規追加の画面キャプチャ

プラグインの検索から探す場合

ダッシュボード>プラグイン>新規追加

WordPressのプラグインの新規追加画面キャプチャ

検索キーワードは classic editor としてください。そうすると、トップに表示されると思います。

WordPressのプラグインの新規追加画面キャプチャ

今すぐインストール > 有効化

設定の仕方

設定はこちらからできます。

WordPressのプラグインのClassic Editorの設定メニューのキャプチャ

旧エディタと新エディタの切り替え

新エディタに慣れてくると、旧エディタから新エディタに戻したい時があります。そんな時は、投稿/固定ページ を書いているそのページの右コントロールパネルにある エディタ-という項目に「ブロックエディタ-に切り替え」ボタンがあるので、クリックします。すると、新エディターに戻って続きを書くことができます。

WordPressのコントロールパネルのエディター部分のキャプチャ

投稿を書き始める前でしたら、ダッシュボード>設定 から変更することができます。

WordPressの設定の投稿設定の画面キャプチャ

まとめ

いかがでしたか。

新エディタ-に慣れるまで、もしくは、新エディター用のプラグインが増えるまで、この慣れ親しんだ旧エディターで編集するのは、ストレスも少なく、時間も短縮できて、よいですね。

個人的な感想ですが、私も、フラストレーションをためながら、新エディタ-を使いはじめたのですが、今では、慣れてしまって、この旧エディターにお世話になることが減りました。

え?そうなの?新エディターって使いやすいの?と思われた方。

今度は新エディタ-の魅力について書こうと思いますのでお楽しみに。

\ この記事をシェアする /