wordpressでサイトを丸ごと同じサーバーにコピーする方法【Duplicatorプラグイン】

サイト丸ごとコピー

wordpressでサイトを作成し、丸ごと同じサーバーにコピーする方法をお伝えします。

使うのは、プラグインのDuplicatorです。

  • サイトのバックアップをしたい。
  • 本番運用中のサイトを丸ごとコピーして、テストサイトを作りたい。
  • サイトを別のドメインに移行したい。
  • プラグインをアップデートする際に、アップデート後も無事にサイトが動くか事前にコピーしたサイトで動作を確認したい。
  • wordpress自体のアップデートがある場合、アップデート後もサイトが動くか事前にコピーしたサイトで確認したい。

そんな方にオススメのDuplicatorの使い方をご紹介します。

Duplicatorの使い方

コピー元サイトにDuplicatorプラグインをインストールします。

コピー元サイト>ダッシュボード>プラグイン>新規追加>Duplicator検索>インストール>有効化

キチンとインストールされると、ダッシュボードのサイドメニューに表示されます

インストールしたDuplicatorを使ってサイトのコピーファイルを作ります。

Create Newをクリック

Nextをクリック

Nameのところに、管理しやすい名前をつけてもいいです。お好みで。

チェックボックスにチェックを入れる > Build ボタンクリック

One-Click Downloadをクリック

InstallerとArchiveという二つのファイルが生成されます。
これをOne Click Downloadで二つ同時にダウンロードします。

FTPでコピー先にファイルをアップロードします。

コピー前に接続先のDBテーブルを新たに作成しておきます。

2つのやり方をご紹介します。

1.新たにDBテーブルを手動で作成する
2.コピー先にwordpressを新たにインストールしておく。そうすると、自動的に新しいDBテーブルが作られます。

私は、同じサーバーにある、違うドメインのフォルダ(newsite)にアップしました。そこにwordpressを新たにインストールしておきました。そのため、新しいDBテーブルも自動生成されています。
例)URLはこんな感じ→https://newsite.jp/

同じドメインにする場合には、新しいフォルダ(test)をルート直下に作って、そこにコピーします。 
例)URLはこんな感じ→https://onajisite.jp/test/

コピー前にwp-config.phpファイルを待避させます!

wp-config.phpファイルにはDBへの接続情報があります。

コピー先のファイルがコピー元と同じDBに接続してはいけないので(接続した場合コピー時に全削除されます。)wp-config.phpは念の為、待避しておきます。wp-config_taihi.phpなどとrenameするだけでも大丈夫です。

手動で新規データベースを作成する場合は、下記記事をご参照ください。
xserver新規データベース作成

Duplicatorで丸ごとサイト移行【データベース新規作成の方法】

2020.12.18

コピー先でphpファイルを実行します。

step 1

URLからinstaller.phpを実行します。(赤帯部分に入力)

新しいドメイン(newsite)にファイルをアップした場合は、https://newsite.jp/installer.phpとなります。

ルートフォルダの下にtestフォルダを作ってそこに、コピー元のファイルをアップロードした場合は、https://××××.××/test/installer.php となります。

下記図のような、画面が表示されるので、規約に同意のチェックボックスにチェックを入れ

NEXTボタンをクリック。

step 2

下記スクショの赤帯部分を全て埋めます。

コピー元と違うDBテーブルへ接続させたいので、ここをキチンと書き換えます。

書き換えを忘れないで!

今回は、コピー元と同じサイトを丸ごとコピー先へ作る作業ですが、DBは変更する、という前提です。コピー元と同じDBにした場合、下記のWarningにあるように全データが削除されます。つまり、コピー元のDB情報が全削除されてしまいます。

!!十分に注意して、自己責任で作業してください!!
また作業前に、バックアップを取っておくことを強くおすすめします。

新たに作成しておいたDBの情報を入力します。コピー先の新しいDB情報です。
wordpressをインストールしてDBを自動作成した場合は、新たにインストールしたwordpressのwp-config.phpファイルに情報があります。

新しいDB情報をwp-config.phpを参照して取得します。①②③④とありますが、上記の図と番号の順番が違いますので、気をつけてください。

wp-config.phpファイル

Test Databaseをクリックすると下記ダイアログが表示されます。
Server, Name, Userを確認して、正しいものであれば(新しいDBであれば)OKをクリック。

step 3

成功すれば、下記のように、新しいサイトの情報が表示されます。

step 4

下記画面で、コピー完了です。

step 3で表示されているURLに接続してください。
コピーが完成していることが確認できます。

最後にお掃除!

Duplicatorで作成し、新しいサイトにアップロードしたファイル二つ。
サイトの正常動作確認ができたら、削除しておきましょう!

All in one WP migrationとの違い

All in one WP migrationという他の人気プラグインもありますが
断然、Duplicatorをオススメします。

All in one WP migrationはコピー元とコピー先の両方にプラグインを入れないといけないです。

また、コピーしたサイト情報が大量(1G以上)にあると、コピー先でダウンロードできない場合があります。

Duplicatorはコピー元にプラグインを入れて、後は、FTPを使ってアップロードするので

大容量のアップロードでも簡単にできます。つまり、大きなサイトでも簡単にコピー先にアップロードできます。

小さいサイトで、phpやDBに関しては触りたくない、という場合には向いていると思いますが

シンプルに、簡単に、手早くコピーしたい方、大きいサイトをお持ちの方はDuplicatorをおすすめします。

特に、Wordpress自身の大幅アップデートがある場合、アップデートした瞬間に、サイトが動かなくなることがあります。

例えば、phpを改造していたり、プラグインが対応していなかったり、など理由は様々です。

そんな時、本番サイトが止まってしまっては、大変です。事前にテストサイトで動作確認しておきたいですね。

\ この記事をシェアする /

サイト丸ごとコピー